ナナカゲは微課金でも遊べるか判定!

項目データ
Android対応
iPhone対応
画面たて持ち
エロ要素
※エロ要素とは……胸の揺れや服の破れなどの性的な演出を指します。性的演出のあるゲームを避けたいときに活用してください。

無課金・微課金で遊べる判定

初期ガチャ

ゲーム開始直後(チュートリアルクリア後)、チュートリアルガチャ・ガチャ券・ボーナスなどをあわせて約3回のガチャが引けます。

プレイ時間の優位性

ナナカゲはスタミナがないため1日中プレイすることができます。短時間プレイの課金者よりも時間をかけた無課金のほうが強くなる可能性があります。

ガチャの期待値

毎月4800円を課金し続けると0.45ヶ月に1回の割合で最高レアが出る計算です。
10連の石消費990
ガチャ1回あたり86.4
レア期待値単発25回で1つ当たる

課金データ

メニュー石の数値段1個あたり
課金【小】120コ120円1円
課金【中】5500コ4800円0.87円
課金【大】12000コ9800円0.82円

排出率データ

レアリティ確率
星270.3%
星314%
星42.8%
星54%
「トレディーングカード要素のあるバトル」や「豪華声優ボイス付きのキャラクター」がウリです。
7つの王国と月影の傭兵団は熱対戦シミュレーションRPGです。基本無料スマホ向けゲームで、ナナカゲとも呼ばれています。2019年5月にリリースされました。運営会社はmobcastです。

プレイヤースキル技術介入

ボード上のキャラクターを動かして攻撃していく、SRPGのようなバトルシステム。 キャラクターごとに職業が設定されていて、キャラによって立ち回りも異なる。キャラクターの位置取りが重要になるため、敵陣にあわせ、臨機応変に対応する力が求められる。 さらに、スペルという魔法カードが存在するため、キャラ以外の行動で盤上を動かせる。スペルカードをデッキ構築するトレーディングカードの要素があり、奥の深い戦略的なバトルが楽しめる。 プレイヤースキル・技術介入のできるゲームと言える。

このゲームの評価

良い評価

クオリティが高くて作り込まれていると感じました。キャラクターのグラフィックもいいですし、システムもわかりやすくまとまっています。ストーリーもボイスがあって楽しめるので、地道に強化していけば無課金でも遊べると思います。クオリティが高い操作性がいいね。バトルがSRPGの方式だからテンポが悪くてダレるかと思ったが、まぁまぁ爽快に進む。敵のリーダーを撃破すれば勝ちだから、戦力差があるときはリーダーだけ狙えばいいし。ボードゲームとしては最高の出来。最大ターン数が決まってるから、ダラダラと続く試合展開もないし。戦略性が問われるゲーム。戦略性あり

悪い評価

ターン制で、自分のターンになったらコマを動かして攻撃する。ゲームとしては面白いかもしれないが、スマホゲームとしてはつまらない。短時間でやりたいのに1試合で5分かかるから、ちょっとした時間に遊べない。ゲームバランスも悪い。強いキャラ、強い戦略が強くなってしまう。サクサク遊べない戦闘に時間がかかるので気軽に遊べません。対戦しなきゃいけないので課金必須です。キャラを強くするためにはガチャで欠片を集めないと駄目です。ルーレットで石は配布されていますが、無課金だと攻略ペースが遅くなるので、課金者に負けると思います。微課金ユーザー以上じゃないと遊べません。課金が必要