ガンビットは微課金でも遊べるか判定!

項目データ
Android対応
iPhone対応
画面よこ持ち
エロ要素
※エロ要素とは……胸の揺れや服の破れなどの性的な演出を指します。性的演出のあるゲームを避けたいときに活用してください。

無課金・微課金で遊べる判定

初期ガチャ

ゲーム開始直後(チュートリアルクリア後)、チュートリアルガチャ・ガチャ券・ボーナスなどをあわせて約42回のガチャが引けます。

プレイ時間の優位性

ガンビットはスタミナがないため1日中プレイすることができます。短時間プレイの課金者よりも時間をかけた無課金のほうが強くなる可能性があります。

ガチャの期待値

毎月2000円を課金し続けると13.33ヶ月に1回の割合で最高レアが出る計算です。
10連の石消費3000
ガチャ1回あたり266.67
レア期待値単発100回で1つ当たる

課金データ

メニュー石の数値段1個あたり
課金【小】120コ120円1円
課金【中】2250コ2000円0.89円
課金【大】12000コ9800円0.82円

排出率データ

レアリティ確率
星43%
星51%
「2対2のオンライン対戦」や「オリジナルのデッキ構築」がウリです。
GUNBITはリアルタイムアクションストラテジーです。基本無料スマホ向けゲームで、ガンビットとも呼ばれています。2019年5月にリリースされました。運営会社はasobismです。

プレイヤースキル技術介入

バトルはオンラインのリアルタイムで行われる。似ている操作方法のゲームがないので、操作に慣れるまでは思い通りに動かせない。自分の設定したデッキを使って2ラウンド勝負を行う。 1ラウンド目で召喚した仲間は2ラウンド目に復活しないので、どのタイミングで召喚するか、相手の動きを探りながら考えていく。チーム戦なこともあいまって、召喚に駆け引きの要素あり。 プレイヤースキル・技術介入があるゲームと言える。 また、強化や成長スピードに制限がかかっているので、1日に一気に進めることができない。そのため、戦力差が開きづらく、後追いのプレイヤーに有利。 ガチャを引かずに、特定のビットを選択して入手することもできる。微課金でも遊びやすい。

リセマラメモ

ガチャが引けるのはランクがブロンズ3になってから。2回対戦するとルーキーからブロンズ3にランクアップできる。 左下のショップをタップして、宝箱からガチャを引ける。限定ビットの排出率は4%。ガチャチケット30枚が無料で貰える。 チケットでドキドキ宝箱で30連。ルビーで12連。合計42連ガチャが可能。

このゲームの評価

良い評価

チームを組んで戦うのがハマります。チーム戦なので強い人と組めれば勝てるし、課金してる人だけが有利にならないのでいいと思います。召喚するモンスターとロボットも可愛いし、世界観が好きです。長く続いて欲しいです。チーム戦がハマるリアルタイムのタッグバトルってのが斬新だね。しかも、戦えば強化アイテムが手に入っていくから、課金しなくても強くなれる。使うデッキによって戦い方が変わるし、協力して対戦できるから負けても楽しい。いまはフォートナイトよりこっち。協力が楽しい

悪い評価

城とドラゴンと同じ運営。調子に乗ってる感がある。城ドラは面白かったし、神運営だったけど、こっちはスタートの時点で駄目。リリースから数日は指定スマホ以外プレイできなかった。それってログインボーナスに差がつくってことじゃん。初日から始めないと戦力差が出るのに、一部の端末だけ優遇されててやる気がなくなった。遊べる端末が限られる面白くないです。戦略ゲーと言ってますが、操作性が悪いので思い通りにプレイできません。ほぼ全試合に負けます。操作のやり方によって有利・不利があるので、ゲームが下手な人にとっては負けるのを見るだけです。遊ぶためのゲームに練習を求めるとか最悪ですよね。攻略を覚えたら微課金でも勝てるみたいですが、覚える気になりません。攻略したくない