ULTRAMANは微課金で遊べる?|課金ゲー判定

DAYAMONZのスマホゲーム「ULTRAMAN:BE ULTRA(ウルトラマン)」のガチャ確率から課金ゲーなのか判定します。

基本データ
ジャンルウルトラ
アクションRPG
画面たて持ち
エロ要素なしスタミナあり
ガチャデータ
ガチャキャラ
装備
闇鍋なし
最高レアUR排出率2%
課金データ
10連の石消費3000個
課金【小】
120個
120円1個あたり1円
ガチャを1回
引くのに
300円

ULTRAMANのガチャ排出確率

UR2%
SSR17%
SR30%
R51%

スタート直後のガチャ回数

ウルトラマンの石

チュートリアル中に無料ガチャ1回。装備ガチャ1回。
プレゼント受け取りで6930スペシウムを獲得。
スペシウムを消費して11連ガチャを2回、単発ガチャを1回。

合計24回のヒーローガチャが引ける。

※調査した時点でのガチャ回数

最高レア2枚抜きの確率

24回のガチャで最高レア(UR)が複数出る確率↓

枚数確率何回の
リセマラ必要?
2枚抜き8%27回
3枚抜き1%194回
4枚抜き0.1%1918回

※上記のリセマラ回数をすると90%の確率で○枚抜きが達成できます

ULTRAMANは課金ゲー?微課金ゲー?

ゲームの評価

ゲームジャンルは「アクションRPG」となっているが、プレイすると「アクションアドベンチャー」という印象だった。

シナリオを読んでいる途中にも、タイミングよくタップするなどの操作があり、退屈せずストーリーを楽しめる。

キャラクターが物足りない

ウルトラマンの低レア

ウルトラマンや怪人のキャラはカッコイイが、低レアには一般人のようなキャラが混じっており当たるとガッカリしてしまう。

深夜アニメのような萌え要素はなし。一応、女性アイドルキャラが最高レア扱いいなってはいるが……。

ゲームの世界観は、なんとなくデビルマン(リメイク)に近いと思う。

戦闘の評価

技術介入の要素として、以下がある。

  • 移動で敵の攻撃を避ける
  • スキルを使って敵の攻撃をキャンセルする
  • スキル使用後にタイミングよく操作して威力アップ

スキル発動範囲を自分で選ぶので、複数の敵を巻き込むように必殺技を使う。

スペシウム光線など、お馴染みのスキルが出るので作品のファンなら楽しめるバトルになっている。

ウルトラマンのバトル画面

ただ、カメラが引き気味でキャラクターが小さく、バトルの迫力が弱いと感じた。

課金度

ガチャは最高レア2%と低く設定されている。
低レアは一般人みたいなキャラが出るので、リセマラをして絶対に高レアを当てておきたい。

PvPやレイドなどのマルチ要素がある。ランキングなどを重視する場合、無課金・微課金では厳しい。

しかし、本作はストーリーをしっかり作り込んであるため、そちらを楽しむなら無課金で遊べるゲームと言える。
ヒーロー制作の機能があり、ガチャを使わずにURを入手できるのもGOOD

【今推しスマホゲーム】

1位 ハイクオリティの大型MMORPG
『TRAHA』

  1. 武器でクラスが変化する
  2. 職業に縛られないプレイ
  3. キャラのカスタマイズ自由度
  4. 釣り、料理、採掘、ペット
● > ストアでレビューを見る

2位 戦略型ひっぱりシューティング
『戦姫ストライク』

  1. メカ×美少女=戦姫
  2. 横から視点のひっぱりアクション
  3. 嫁キャラを育成
  4. ターン制の奥深い戦略性
● > ストアでレビューを見る