[黒い砂漠モバイル]ブレイダーのおすすめスキル設定と狩り効率の実験

[toc]

ブレイダーの狩り用スキル設定を検証

ブレイダーが放置狩りをするときのスキル設定を検証していきます。

  • 検証場所 クロン城入り口
  • 「5分間の撃破数をカウント」を3回繰り返す
  • 同じスキルセットで3回
  • スキルはすべてレベル25
  • スキル深化は解除

上記の条件で、コミュニティサイトに書いてあったスキル設定を試していきます。

結果まとめ

先に結果をまとめます。

スキル設定 1回目 2回目 3回目
スキル
セット1
202匹 206匹 203匹
スキル
セット2
197匹 199匹 206匹
スキル
セット3
206匹 205匹 205匹

今回の検証ではどのスキルセットもほとんど違いがないという結果になりました。

もしかして

強いスキルセットがあるのではなく、スキルセットを考えた人のスキルレベルスキル深化の系列ダメージアップにバラつきがあるだけじゃないのか?

という疑問が浮かびました。

以下、スキルセット【1】~スキルセット【3】までの詳細を書いたあと、【4】で新しい実験をしていきます。

【1】MP消費スキルは「蜂蜜スキル」説

ブレイダーのMP消費スキルは「連斬」と「心眼の刃」の2つあります。

とある情報によると「心眼の刃が強い!」とのこと。

心眼の刃はクールタイムが短く、攻撃力も高い優秀なスキル。

そして「螺旋突衝!」

こちらはMP消費スキルではないものの、最大使用回数が2回ありクールタイムも短い。この2つは短時間で連発していけるスキルになります。

心眼の刃と螺旋突衝を蜂蜜スキル(効率的なスキル)と考えたときのスキルセットがこちら。

スキル 内容 回数/MP 系列
心眼の刃 ・後ろに回りながら攻撃
・ヒット時硬直
MP12
螺旋突衝 ・突き攻撃
・ヒット時気絶
回数2
暴風陣 ・竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
回数3 ラブリフ
セルト
大旋風 ・大竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
・10秒間攻撃力UP
・敵攻撃速度ダウン
回数3 アール
セルト
心眼の刃 ・後ろに回りながら攻撃
・ヒット時硬直
MP12
螺旋突衝 ・突き攻撃
・ヒット時気絶
回数2
旋風 ・竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
・出血付与
回数2
参之型 ・斬り上げ攻撃
・ヒット時浮かす
・5秒間クリ率UP
回数1 アール
ラブリフ

このスキルセットの特徴は、8枠あるスキル枠のうち、4枠を心眼の刃と螺旋突衝で埋めていることです。同じスキルを2箇所に登録することで、スキル切り替えのディレイを軽減させています。

実験してみた

  • 571→773 5分で202匹
  • 784→990 5分で206匹
  • 997→1200 5分で203匹

【2】硬直させると安定する説

ブレイダーの弱点はヒールが弱いことです。他の職業と比べて回復量も少なく、回復タイミングも打撃時です。

ブレイダーでHP回復効果を持つスキルは次の3つ。

  • 連斬 回復小
  • 心眼斬 回復中
  • 月影斬 回復大

この中でよく使われるのは心眼斬と月影斬です。連斬は回復力が低過ぎるのであまり使われません。

このように回復力に弱点を持つブレイダーですが、敵を浮かせたり、硬直させたり、敵の動きを止めるスキルを豊富に持っています。これらの足止めスキルを多く採用することで、消費ポーションを抑えようというのが次のスキルセットです。

スキル 内容 回数/MP 系列
後飛斬 ・ジャンプ中無敵
・ヒット時硬直
・敵移動速度ダウン
・敵防御ダウン
回数1
参之型 ・斬り上げ攻撃
・ヒット時浮かす
・5秒間クリ率UP
回数1 アール
ラブリフ
心眼の刃 ・後ろに回りながら攻撃
・ヒット時硬直
MP12
月影斬 ・HP回復
・スーパーアーマー
・ヒット時気絶
・出血付与
回数1 アヒブ
ラブリフ
暴風陣 ・竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
回数3 ラブリフ
セルト
大旋風 ・大竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
・10秒間攻撃力UP
・敵攻撃速度ダウン
回数3 アール
セルト
心眼斬 ・HP回復
・ヒット時浮かす
回数1 アヒブ
セルト
月光 ・スーパーアーマー
・ヒット時ダウン
回数1 アール
アヒブ

実験してみた

  • 82→279 5分で197匹
  • 287→486 5分で199匹
  • 495→701 5分で206匹

【3】連携を重視したら強い説

こちらはブレイダーの連携スキルを重点的に設定したスキルセットです。

スキル 内容 回数/MP 系列
螺旋突衝 ・突き攻撃
・ヒット時気絶
回数2
暴風陣 ・竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
回数3 ラブリフ
セルト
大旋風 ・大竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
・10秒間攻撃力UP
・敵攻撃速度ダウン
回数3 アール
セルト
旋風 ・竜巻攻撃
・ヒット時浮かす
・出血付与
回数2
月影斬 ・HP回復
・スーパーアーマー
・ヒット時気絶
・出血付与
回数1 アヒブ
ラブリフ
心眼斬 ・HP回復
・ヒット時浮かす
回数1 アヒブ
セルト
月光 ・スーパーアーマー
・ヒット時ダウン
回数1 アール
アヒブ
虚空翔斬 ・出血付与
・ヒット時浮かす
・10秒間防御力UP
回数3

実験してみた

  • 752→958 5分で206匹
  • 966→1171 5分で205匹
  • 1186→1391 5分で205匹

【4】深化の効果

スキルセット【3】の深化をONにして狩ってみます。アール6%、ラブリフ4.75%、アヒブ3%の状態で検証したところ5分で231匹に増えました。

  • 深化OFF 205匹
  • 深化ON 231匹

深化がかなり強いことがわかったので、今度は深化スキルに特化してみます。

深化のあるスキルのみ

ブレイダーの深化スキルは6種類。まずはこの6つをセットします。残り2つはクールタイムが短い「螺旋突衝」と、クリティカル率アップのバフがつく「心眼の刃」にしました。

結果は5分で239匹。

今回の検証の中で最高の狩り効率でした。

まとめ

  • 素のスキルはどれを使っても大差ない
  • 敵を何発で倒せるかが狩り効率に大きく影響する
  • スキルセットは深化の有無や系列アップで差がつく
  • 攻撃速度や戦闘力の差でも違いが出る

結局、万能のスキル設定はないが、深化のついたスキルは効率が良さげ!

というのが私の結論です。

スキルセットを考えるときは、深化持ちスキルを優先して選ぶのがいいかもしれません。

過去ログ

3月26日現在、黒い砂漠モバイル日本版ではブレイダー未実装です。ブレイダーが実装されたらページ内容を見直す予定です。

個人的にブレイダーについて調べたことを攻略メモとしてまとめました。

※以下の文章は翻訳ではありません。スキルに対する意見をいくつか見て、「海外の人はだいたいみんなこんなこと言ってるな」という私の見解をまとめたものです。

狩りスキル

後退斬りはブレイダーの重要なスキル。発動中に無敵時間があるため、敵からの被ダメージを抑えることができる。ブレイダーは他の職業に比べて回復力が低く、ポーションを消費しがちであるが、後退斬りを使うことでその弱点をわずかに補うことができる。

ヨンオルムはスーパーアーマーがついていて攻撃力も高い。遠距離スキルであるため被弾も避けられる。ヨンオルムは狩りスキルとして採用されている。しかしそのいっぽうで、遠距離スキルはブレイダーの特徴(近接攻撃)に合っていないという考え方もある。ヨンオルムは外し、敵に近づけるブラインド分けを採用したほうがいい。また、ブラインド分けはヒット時にHP回復効果があり、ポーションの消費量を抑えられる。

ガクスは出血の状態以上をモンスターに付与することができる。しかし、スキルで与えられるダメージが低いため、狩りを素早く終わらせるのには向いていない。最大8打撃を与えるため、スキルモーションが長い。ガクスを使っている時間があるなら別のスキルを使ってダメージを蓄積したほうがよい。

ガルムは生命力回復のオプションを持つ。回復力の低いブレイダーがノーポーションで狩りを継続するために、ガルムを採用したい。いっぽう、ガルムは採用しないほうがいいという考え方もある。ガルムはMP消費スキルである。黒い砂漠モバイルのオート戦闘AIはMP消費スキルを上手く使いこなすことができず、技の発動率が悪くなる状況が多く見られる。

狩り用のスキル設定

回復スキルであるガルムとブライド分けを両方採用することでポーションを使わない狩りを目指す。敵をひるませるスキルや移動スキルを多く選ぶことで、戦闘中の被弾を減らすことができる。ブランド突きや後退斬りにより移動攻撃を行う。

PVPスキル

PVP用のスキルとして重宝するのが破毀である。破毀を発動すると前方ガード状態となり、ガード中に攻撃をもらうとカウンターが発動する。カウンターの初撃が当たると相手は気絶状態になり、さらに追加攻撃でノックダウンさせることができる。ブレイダーのPVP戦においては、相手の大技に対していかにカウンターを取るかが肝となるだろう。

使用時に無敵判定のある後退斬りは、相手にヒットしたときに硬直させることができる。そのあとすぐにブラインド分けを使うことでコンボが決まり、一方的に攻める展開を作り出すことができる。

また、ブレイダーのコンボ始動スキルとしてよく使われるのが便殿である。便殿で硬直させ、ヨクグクで気絶させ、ガルムでノックバックさせて、開花または月光で終わらせる。