魔界ウォーズは微課金でも遊べるか判定!

魔界ウォーズはお手軽シミュレーションRPGです。基本無料スマホ向けゲームで、魔界ウォーズとも呼ばれています。2018年2月16日にリリースされました。運営会社はクローバーラボです。
項目データ
Android対応
iPhone対応
画面たて持ち
エロ要素
※エロ要素とは……胸の揺れや服の破れなどの性的な演出を指します。性的演出のあるゲームを避けたいときに活用してください。

無課金・微課金で遊べる判定

初期ガチャ

ゲーム開始直後(チュートリアルクリア後)、チュートリアルガチャ・ガチャ券・ボーナスなどをあわせて約3回のガチャが引けます。

プレイ時間の優位性

魔界ウォーズはスタミナ制限があります。遊べる時間が限られるため課金者に有利な環境です。

ガチャの期待値

毎月3000円を課金し続けると1.25ヶ月に1回の割合で最高レアが出る計算です。
10連の石消費3000
ガチャ1回あたり300
レア期待値単発12.5回で1つ当たる

課金データ

メニュー石の数値段1個あたり
課金【小】120コ120円1円
課金【中】3000コ3000円1円
課金【大】12500コ10000円0.8円

排出率データ

レアリティ確率
星292%
星38%

過去ログ

高速リセマラ方法

魔界ウォーズはチュートリアル中に4連ガチャが引けます。何度でもやり直しできるので好きなキャラで始めることができます。 ただし4連ガチャでは出現しないキャラ(オーディン、フーカ、フロン、エトナ)もいます。この4キャラを使いたい場合はチュートリアル後に単発を2回引きましょう。 この2回で欲しいキャラが出たらリセマラ終了です。

魔界ウォーズって何?

スマホゲームのゆるドラシルと、日本一ソフトウェアのディスガイアが合体してできた新たな作品です。 バトルは5×6マスの30マスで行います。SRPGのように移動して攻撃します。オートバトルもあるため空き時間でもコツコツ楽しめるのがメリットです。 マス目を使ったSRPGは小難しそうだからと敬遠するプレイヤーもいますが、本作はフィールドが小さいため小難しさはありません。 移動ストレスもなく手軽に遊べる調整となっています。

魔界ウォーズの評価

ジャンルがSRPGなのでディスガイア寄りのゲーム性を期待していましたが、どちらかというとゆるドラ寄りのゲームでした。 バトルはSRPGっぽい画面ですがSRPGの醍醐味であるバトル戦略要素はそこそこ。ただしオートバトルのAIは低性能なのでオートだと死にやすいです。 本家ディスガイア特有の育成戦略要素(育成が上手い人は100時間でカンストできるが下手な人は1000時間かかる)はなし。 魔界ウォーズの面白さはハクスラ要素ですね。キャラはガチャ排出ですが最高レアが8%と高く、リセマラすれば強キャラも入手可能。あとはゲーム中に装備を集めていけるので、何度もクエストに入って最強装備を探すというのがメインの遊び方になると思います。 ストーリーがコミカルで読みやすい感じなので、ストーリー目的でまったり遊ぶのにも適しています。