ましろウィッチは微課金でも遊べるか判定!

項目データ
Android対応
iPhone対応
画面よこ持ち
エロ要素
※エロ要素とは……胸の揺れや服の破れなどの性的な演出を指します。性的演出のあるゲームを避けたいときに活用してください。

無課金・微課金で遊べる判定

初期ガチャ

ゲーム開始直後(チュートリアルクリア後)、チュートリアルガチャ・ガチャ券・ボーナスなどをあわせて約34回のガチャが引けます。

プレイ時間の優位性

ましろウィッチはスタミナがないため1日中プレイすることができます。短時間プレイの課金者よりも時間をかけた無課金のほうが強くなる可能性があります。

ガチャの期待値

毎月3000円を課金し続けると3.03ヶ月に1回の割合で最高レアが出る計算です。
10連の石消費3000
ガチャ1回あたり272.73
レア期待値単発33.33回で1つ当たる

課金データ

メニュー石の数値段1個あたり
課金【小】120コ120円1円
課金【中】3300コ3000円0.91円
課金【大】11760コ9800円0.83円

排出率データ

レアリティ確率
星264%
星333%
星43%
ましろウィッチ 真夜中のメルヒェンは魔女大戦RPGです。基本無料スマホ向けゲームで、ましろウィッチとも呼ばれています。2018年11月1日にリリースされました。運営会社はSQUARE ENIXです。

プレイヤースキル技術介入

魔法カードのデッキ構築

ましろウィッチは、事前に魔法カードでデッキを作っておき、そのデッキから引いた魔法カードを使って敵に攻撃する。

コスト管理

カードにはそれぞれコストが設定されている。魔法を使うとコストを消費するため、後先考えずに魔法を使うとコスト不足となる。いつでも好きな魔法を使えるゲームとは違い、コストを温存しながの戦闘が主体となる。序盤はコストの低い魔法を使っておき、強い魔法はボス戦に使うというテクニックが使える。

枚数管理

コスト内であれば魔法カードを複数使える。ただし、次ターンに補充されるカードは1枚だけなので、複数発動すると手札が少なくなり、魔法の選択肢が減ってしまう。あらゆる敵に対処するためには手札の枚数管理も重要になってくる。また、カードをドローする魔法も存在するため、手札が減りやすいデッキを使っている場合は採用の価値があるだろう。

他プレイヤーとの協力

他プレイヤーと属性をあわせることでチェインが発動。敵の弱点属性でチェインを繋げばさらに大ダメージを与えられる。

このゲームの評価

良い評価

キャラが可愛いです。動きも滑らかで没入感があります。戦闘もちょっと変わっていて、覚えるまでは大変かもしれませんが覚えたら楽しいです。マルチプレイができるのでみんなでワイワイ遊んでいる感じがして他のゲームよりも続けられそうです。戦闘方法を覚えたら楽しい最初に声優を選べるのがいいね。好きな声優がいなかったのはBADだが、声優を選べるという試みは評価したい。声優セレクト、まぁ、ボイスアクターセレクト、BASを搭載してるってところが高評価かな。ガチャも最高レアの確定チケットが貰えたから悪くない、むしろ最近の流れを考えたらいいほうなんじゃないかってくらいだね。BAS

悪い評価

ソロでやりたいのに強制的にマルチプレイになるクソゲー。他プレイヤーを待っていますの表示が長くてストレスが溜まる。ソロでやってても勝手に課金者が参加してきて、一撃で倒してくのを見せられるだけ。オートプレイをしようとしても、オートになるのはクリア済みのクエストだけ。ソロプレイができないキャラクリのクオリティが低いです。グラフィックも荒いですし、3Dモデリングが下手ですね。衣装の見た目が変わるのはいいですが、モデリングのせいでキャラの可愛さが半減しています。イラストのほうは可愛いだけに残念です。HPが減ってないのに回復魔法を使う人がいるので戦闘が遅くなります。3Dが可愛くない