シャイニング・レゾナンス リフレイン|物語いらない派のレビュー

ストーリーいらない派の「シャイニング・レゾナンス リフレイン」レビューです。
「面白かった」「つまらなかった」じゃなく、限られた人に役立つように、視点を固定して評価しました。

シャイニング・レゾナンス リフレインのレビュー

アクション苦手 マップ移動嫌い ストーリーはいらない 採集クエ嫌い

スペック

機種ニンテンドースイッチ
PS4
ジャンルアクションRPG
マップの瞬間移動街に帰るのみ
好感度システムあり
ストーリースキップあり

主人公

主人公の役割竜の心を持つ少年
主人公の性別
キャラメイクなし

ストーリーの割合

長すぎ!

ストーリーが細切れで、何回スキップしてもストーリーが終わらない。スキップごとのロード時間が長いので、「スキップ連打」してもストレスあり。

マップ探索の割合

多すぎ!

街のマップが広い。迷う。見づらい。
クエストの進行に街での会話が必要になる。

ストーリーを読んでいないと、ウロウロさせられるだけに感じて辛い。

戦闘の面白さ

簡単なコンボのシステムあり。ゲージがあるうちは通常攻撃して、ゲージが減ったらMPで繋ぐ。詠唱中のモンスターをブレイクさせる技があったり、時間限定で竜に変身したりと、自由度はそこそこ。

アクション性はあるが、討鬼伝、ドラゴンズドグマオンラインよりも低め。

よく言えば、最新のアクションRPG。悪く言えば中途半端。

ハマり度

ハマれなかった!

とにかくストーリーが多いのと、スキップに時間がかかるのでハマれなかった。

総評

グラフィックはキレイ。主人公が固定ではなく、物語の進行に沿って操作キャラが変わることもある。物語を楽しませる工夫のあるゲーム性。

3Dモデリングも可愛いし、竜に変身してからの戦闘はカッコイイ。

仲間とのキズナが可視化されていて、戦闘中に仲間と「共鳴」し、一緒に戦うことができる。
キャラクターを好きになれるなら、楽しく戦闘できるし、キャラを育てていくやり込みも可能。

ストーリーなしでフィールドにアバターを放り投げてくれたら、神ゲーだった。

シリーズとバージョンの違い

リフレイン

リフレインは、PS3の「シャイニング・レゾナンス」の強化バージョン。

  • 別ストーリーを進めるモードが追加
  • 150種以上のDLCを最初から収録
  • 新コスチューム追加
  • UIの改善
  • 難易度の調整

プレミアムファンボックス

リフレインに特典を加えたバージョン。

  • ファンブック
  • ドラマCD
  • 主題歌CD
シャイニング・レゾナンス リフレイン - Switch

シャイニング・レゾナンス リフレイン – Switch

3,678円(10/18 14:22時点)
Amazonの情報を掲載しています