ゼノンザードのリセマラ確率/何回で当たるかの平均回数

ゼノンサードのリセマラ確率

最高レアの排出率

レア度排出率
COMMON
コモン
67.5%
RARE
レア
25%
EPIC
エピック
6%
LEGEND
レジェンド
1.5%

リセマラ(184回ガチャ)で最高レア(1.5%)が当たる確率
→93%

2枚抜きの確率

リセマラ中に最高レアが複数当たる確率です。

同時枚数確率何回で引ける
リセマラ回数
2枚抜き76%2回
3枚抜き52%4回
4枚抜き29%7回
5枚抜き14%15回
6枚抜き6%38回
7枚抜き2%104回
8枚抜き0.7%328回

※9割の確率で○枚抜きが成功する回数です

ゲームデータ

タイトルZENONZARD
略称ゼノンザード
ジャンル次世代デジタルカードゲーム
運営BANDAI
リリース日2019年8月
画面たて持ち

同じ運営の他のゲーム

  • たまごっちみーつアプリ
  • クラフトカードゲーム ドットヒーローズ
  • ドンジャラDXドラえもん
  • ICカードダス ドラゴンボール

ゲーム内容

ゼノンザードは人工知能のAIと一緒に戦うというコンセプトのデジタルカードゲームです。内容は、マナを使って召喚するタイプの本格的なカードゲームです。シャドバと同じようにカード生成があります。課金の重要度もシャドバに近いバランスに調整してあるようです。特有のルールとしてはフォースがあります。フォースはゲーム開始時から発動しているアイテムです。このアイテムにはライフが設定されています。敵のフォースを攻撃することでライフを削り、ライフをゼロにするとフォースの効果を切ることになります。プレイヤーアタックをするかフォールを攻撃するかといった戦略的な駆け引きが楽しめます。リセマラ終了候補となるのがレジェンドカードのアソバです。まず、召喚時にミニオンのサーチ機能を持ちます。自分のミニオンを出すたびに再行動するので、マナがあれば何度でも攻撃できます。また、レジェンドカードの一強ではない点にも好感が持てます。ユグドラウォーカーはEPICカードでありながらデッキにおいて重要なポジショニングです。しかし、ガチャでカード排出する以上、最終的には資産差ゲームとなります。9月19日に任天堂スイッチとPS4で「カードファイト!! ヴァンガード エクス」が発売されるので、課金差を感じたくないならこちらがおすすめ。ヴァンガードもクランカードセットというDLCが発売されますが、これはカードを早く入手したい人向けのセットです。全カードがゲーム本編で入手できるので、最終的に課金額によるパワー差はなくなります。